<   2009年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

PARACUP2009

29日、多摩川土手を走るPARACUP2009に、昨年に続き参加してきました。
今年はハーフ!

“世界の子どもたちに贈るRUN”という副題がついています。
走ることは自分の喜びなのですが、自分が楽しいことをしているあいだに、困っている人(子ども)に何かしらの援助をすることが同時にできている。素晴らしいことのような気がします。テーブル・フォー・ツーのランニング版ですね。
今年は3,300人のランナーと500人のボランティアスタッフが参加して、500万円以上のお金が、フィリピンやバングラデシュをはじめとする世界の子どもたちの支援に使われるようです。



受付・スタート&ゴール・イベントは、丸子橋のたもとで行われます。
10時までの受付というのは、私のような夜型人間には嬉しい時間です。今日は天気もばっちり!

10㌔のコースは、丸子橋から5㌔上流に向かい戻ってきます。
ハーフは、丸子橋から5㌔下流に向かい戻ってきて、10㌔と同様、上流への5㌔往復、というコース。
10時半の10㌔のスタートを送り、ハーフは10時45分、スタート!

〜1㌔ 6分09秒
〜2㌔ 5分56秒
〜3㌔ 6分19秒
〜4㌔ 6分02秒
〜5㌔ 6分08秒
今日は初ハーフ。長距離ということで、いつもより遅めに入りました。とても快適に走れます。

〜6㌔ 5分53秒
〜7㌔ 6分00秒
〜8㌔ 5分49秒
〜9㌔ 5分46秒
〜10㌔ 5分22秒
このあたりでも快調快調! 「5分22秒」は距離表示が間違っていたんじゃないかな。ペース上げてなかったから。

〜11㌔ 6分03秒
〜12㌔ 6分19秒
〜13㌔ 6分46秒
あれれ、なんか足が重たくなってきた。

〜14㌔ 7分02秒
〜15㌔ 7分07秒
〜16㌔ 6分46秒
〜17㌔ 7分23秒
〜18㌔ 7分11秒
足は重たいまま。全然ペースが上げられません。
それでも「あと3㌔!」の声に、もうひと頑張り!、と気合いを入れます。

〜19㌔ 7分26秒
〜20㌔ 7分04秒
〜ゴール 7分27秒
最後スパートしようと思っても、速くなっていたのかどうか。
ゴール前100㍍は、走り終わったランナーさんたちが、両側で応援してくれます。

自分の時計で、2時間15分57秒。
あとでもらった記録証では、2時間15分50秒でした。
うん、頑張った! 自分としてはこんなところでけっこう満足です。
[PR]
by letswalk | 2009-05-02 14:54 | running

セブンヒルズ、金峰山トレラン

4月15日に行ってきた、セブンヒルズの金峰山ツアー、やっと書きます^^;

f0156912_133147.jpg中央高速・須玉インターを下りて、増富温泉から、登山口の瑞牆山荘へ。この沢沿いの道のドライブは景色が良くて、とても気持ちよかったですね♪

瑞牆山荘横の駐車場にて、コースやギアの説明です。






f0156912_13341371.jpgいざ出発!
今日もいつものメンバーなので、ツアーというより、だんだんクラブか同好会みたいな雰囲気になってきました。











f0156912_13342232.jpg富士見平小屋へと登ると、木々の間から富士山がきれいに見えるポイントがありました。












f0156912_13343643.jpgちょっと早めの昼食。
樹林帯を抜けて森林限界を越えてしまうと、もしかしたら風が強くて大変かも、ということで、まだ木々の中にいる間に休憩です。







f0156912_1334492.jpgそして今日は快晴!
前日までの荒天が嘘のように晴れ渡りました。
大日岩という大きな岩の下で記念撮影〜!











f0156912_1335015.jpg前日の雨がかえって良かったのは、澱んでいた空気をきれいにしてくれたこと。
森林限界を越えると、素晴らしい! こーんな雄大な景色が開けます! 後ろには八ヶ岳がくっきり。
やはりこの景色が、山に登る最大の楽しみですね〜!






f0156912_13351387.jpg稜線の先には、目指す金峰山の頂上、そしてそのシンボルの五丈岩が見えています。












f0156912_13352498.jpg雪は、遠目にはそうでもなくても、実際行ってみると、そして実際歩いてみると、かなり大変。
ヒザや、時には腰まで埋まりながら、えっちらおっちらと登っていきます。










f0156912_13353353.jpgおお! やっと五丈岩がすぐそこに!













f0156912_13354397.jpgそして、山頂とーちゃ〜く!
樹林帯の中のアイスバーンや、稜線に出てからの残雪に意外と悩まされつつ、4時間半くらいかけての登頂でした。

下りは雪を滑り降り、アイスバーンを駆け抜け、日没前に滑り込み帰着。
増富温泉でお風呂に入って(源泉の冷たいお風呂が、とても良かった!)、食堂でご飯を食べて、帰ってきました。


まことさ、さえらさん、同行の皆様、ありがとうございました。
また来月(あ、もう今月か!^^;)も楽しみですね♪
[PR]
by letswalk | 2009-05-02 14:13 | trail running