<   2008年 07月 ( 20 )   > この月の画像一覧

SHツアー、小川谷廊下

昨日は、セブンヒルズのツアーで、西丹沢の小川谷廊下に行ってきました。
川を廊下とは、これ如何に!
写真でも見ていましたが、行ってみて納得。水の流れが岩を浸食したのか、もしくは元々谷だったところを川が流れているのか、流れの両側が切り立った崖の箇所が多いのです。
川原は無く、流れの縁は壁です。高さ2〜3㍍の可愛い壁の箇所もあれば、10〜20㍍の見上げる壁のところもあります。そんなところが頻繁に出てくるので、“廊下”と名付けられているのですね。
両岸、見上げるような壁の間、暗く鬱蒼とした雰囲気かというと、そんなことは無いのですが、それは岩が白いから。谷が深くても空が曇っても、白い岩のお陰で明るい気分です!

御殿場線の谷峨(やが)駅に8時半に集合。セブンヒルズ号で林道の終点まで移動し、着替えなど準備をして9時20分に出発です。
ここに帰って来たのは17時50分頃なので、行動時間8時間半。かなりバテました。

小川谷は、最初から最後までどこも綺麗で、色々な表情を見せてくれる、魅力的な沢です。
水は濁りが無くてきれい。流れに土がほとんど無いからですね。
大岩が挟まっている、有名なチョックストーン滝。
階段状になっている、すいすいと流れの中を登っていける滝。
広い流れだとちゃぷちゃぷ程度の水量だと思いきや、流れがすぼまるとけっこうな勢いに圧倒されます。
ゴロゴロと大きな岩がころがっている、ゴーロや巨岩帯。
数十㌢の小さな滝と思いきや、足場も無くつるつるしていて、意外と苦戦したり。
つるつると言えば「つるつるの大岩」。小川谷の一番の名物で、残置ロープを使って、何回か横に振られながら何とか登ります。
滑り台みたいな滝で、滑り台したり。
20㍍の大滝は、横を巻いて登りましたが、ロッククライミングを堪能。
最後の滝は、バテていて途中で諦め、これも横を巻いてしまいました。
そして、ローマの遺跡のような壊れた堰堤。そもそも、こんな大きな堰堤をこんな山奥につくるか! って感じ。
そして復路は、トレイル&林道をトレラン。

うーむ、大満足の一日でした。
[PR]
by letswalk | 2008-07-31 19:18 | 沢登り

沢登りgoods

今度の沢登りの装備など。

上は、マリンスポーツ用のスエット。厚くなっているのは胴部分だけですが、腕は何とか凌げるのではないかと。
羽織るものとして、ウインドブレーカーを持っていきます。
下は膝上までのスパッツ。こちらもスエットを購入すれば寒さ対策は万全かと思いますが、前回までも大丈夫だったし取りあえず持っているものでまかないましょう。
膝から下は、膝当て付きのモンベルのスネ当て。靴はカモシカの渓流シューズ。どちらもネオプレーン製なので、暖かいでしょう。
手袋は前回までと同じ、ゴムコーティングの軍手。モンベルで千数百円でいい手袋を見つけたので、そのうち買うかも。
バックパックはぺらぺらの薄いやつ。濡れても全く重くありません。
そして今日購入したのは、モンベルのドライバッグ。防水の袋で、バックパックの中袋として使うことにより、荷物を濡らしません。
下山用の靴は、ノースフェイスのアニューヴァ。
ヘルメット、ハーネス、カラビナは、セブンヒルズさんに貸してもらえます。

かなり安上がりに、本格的に近い(まだまだかな?^^;)装備を揃えることができた気がします。
水曜日が楽しみです!
[PR]
by letswalk | 2008-07-27 19:42 | walking goods

今日もまた

恵比寿〜大崎。
茶屋坂を駆け下りましたが、最近走ってないので、走るとすぐにバテます。
[PR]
by letswalk | 2008-07-26 20:02 | 今日のwalking

山手の方

今日は、中村橋から山手の山の上を通って、みなとみらいまで歩きました。

大岡川沿い〜一本橋〜中村橋
この辺りで、汗が噴き出し始めました。

〜稲荷坂〜米軍住宅の横
庭の芝生の匂いが息苦しいほどです。

〜山手本通り〜港の見える丘公園の角〜谷戸坂
1時間歩いてきて、少しふらふら気味になったので、しばらく休憩。

〜山下公園〜開港の道プロムナード〜赤レンガ〜ワールドポーターズ
8.8㌔、78分でした。

ワーポーでは、やっぱりエルブレスへ。
ホグロフスのいい感じのバックパックが、在庫処分なのか、約半額になっていた。
買おうかどうしようかかなり悩んで、次回来た時にまだあれば買おうと決めました。
(決断できない運任せな弱い私--;)
[PR]
by letswalk | 2008-07-26 00:27 | 今日のwalking

恵比寿〜大崎

汗だくになって、恵比寿〜大崎、歩きました。
駅が終着のときは、いつも〆に駅の階段を駆け上がります。コレかなり快感です!
[PR]
by letswalk | 2008-07-24 21:05 | 今日のwalking

春岳沢へ沢登り

沢登りに魅せられて、今日は一人で丹沢の沢に行ってきました。
丹沢の沢で初心者が一人で行けるところは…と探すと、超初心者向けでしかもバス停からも近い、理想的なところがあったのでした。それが、今日行ってきた春岳沢(はるだけさわ)です。

8時に出発しようと一応計画していたのに、起きたら10時! 急いで準備をして出かけました。
横浜から相鉄線で海老名、小田急線で秦野、バスに乗って蓑毛へ。バスの接続も良く、12時20分には蓑毛に着けました。
安く行けるのもいいですよね。横浜から蓑毛まで、300円+270円+260円=830円です!

蓑毛のバス停のすぐ横には、もう春岳沢が流れています。
ただ蓑毛からしばらくは堰堤がいくつも続き、とても沢を遡行することはできなくて、沢沿いの道を行きます。
コンクリートの舗装路が終わり、丸太橋を渡って、さらにトレイルをしばらく行くと、髭僧(ひげそう)の滝という、10㍍以上ある春岳沢最大の滝に出ます。
この滝は、初心者が、しかもロープ無しで登ることは不可能なので、とりあえず下から眺めた後、巻き道で登ります。
髭僧の滝のすぐ上の堰堤を横から登って越えると、ちょっと広い場所に出ますので、ここで沢登りの準備です。蓑毛からは、ゆっくり歩いて30分くらい。

靴は、カモシカの渓流タビを買いました! ネオプレーンという素材で、水の中でも冷たさをあまり感じません。ソールはフェルトで、濡れた岩でも滑りにくいのだと思います。たぶん。
そして沢登りの必需品、スネ当て。これもネオプレーン製です。足の保温はバッチリ。
膝上までのスパッツに、上は半袖ランシャツ1枚。一人で動き続けるし、短時間なのでとりあえず薄着で。
手袋は先日と同じゴムコーティングの軍手をしました。やはり、何でも躊躇無く触ったり掴んだりできるので、手袋はあった方がいいと思いました。
ヘルメットは工事用の安物です。カモシカなどでヘルメットを見ると、7千円から物によっては2万円もします。その出費はちょっと痛いので、ホームセンターで1,380円の物を買って代用です。見た目は別にして、機能的にはそう変わらないですから。

そしていざ出発。
髭僧の滝より上の春岳沢は、数十㌢から2〜3㍍の小さな滝が連続する、楽しい沢です。
時折立ち止まって上の方を眺めると、くねくねと曲がりくねった先が、木々の間に消えていくのが見えます。
いくつかあった3㍍くらいの滝は、落ちたりしないようにと、まず目測し、慎重に登っていきます。
ネオプレーンの威力で、足は全く冷たくありませんが、滝登りの時などに手をついたり頭から水をかぶったりすると、水はとても冷たいです。
倒木が多かったですね。流れの中や、とおせんぼをするように倒れていると、乗り越えるのに苦労するところもありました。下を見て歩いていたら、木に頭をぶつけ、“お、ヘルメットはこういう時も役に立つね”と思ったり。

短い沢だと本で読んでいたので、ゆっくり登っていたのですが、45分くらいで二股になっている遡行終了点に到着。短かったですが、楽しかった!

おにぎり食べて、靴を渓流タビから、モントレイルのトレランシューズに履き替えます。
気が付くと、足に一匹のヤマビルが! クソっ! ヤマビルめ! あれはどういう生き物なんでしょうね。伸びたり縮んだり、つぶそうとしてもつぶれないし。嫌ですよね。

ここからは等高線に沿ったトレイルを東へ向かうと、10分くらいで大山に登る登山道に出られます。
計画では大山にも登るはずでしたが、寝坊で遅くなっていたので、ここから下社へ降り、伊勢原へ出て帰りました。

天候は、沢を登っている間に、どんどんガスってきてました。最初は、眼鏡が濡れて曇っているのかな?って思ったんですが、違いました^^;
大山は別名「雨降山」とも言われ、山頂の社は「阿夫利(雨降り)神社」の名前が付いているように、このあたりはいつも雨がちみたいですね。
伊勢原の町に下りると晴れていましたが、大山を振り返ると山頂は霧の中。面白いですね。

来週はSHのツアーで、丹沢で最も美しい沢と言われているらしい、小川谷廊下に行ってきます!
[PR]
by letswalk | 2008-07-23 21:26 | 沢登り

東京マラソンが

東京マラソンがエントリーを受け付け始めましたね。
きっと高倍率でしょうから外れる可能性大ですが、一応申し込みました。
湘南マラソンは地元だから出たい気持ちもあるのですが、前日にも受付しに大磯に行かないといけないんですよねぇ。

そして、9月28日の高尾山森林マラソンにもエントリーしました。
“楽しく気楽にトレラン”という雰囲気のようで、自分に合っている感じがします ♪
[PR]
by letswalk | 2008-07-23 21:00 | running

川崎〜多摩川

川崎駅から六郷橋、多摩川左岸を東急東横線・多摩川駅まで。
多摩川沿いのいつもの道、約9㌔、75分。

今日も暑かったですね。すれ違うジョガーで、顔を真っ赤にして走っている人が何人かいたけれど、大丈夫だったかな?
私も多摩川駅に着いたときは、ちょっと頭がくらくらしました。熱中症三歩手前くらい。
[PR]
by letswalk | 2008-07-21 23:50 | 今日のwalking

明日

梅雨、明けましたね(昨日)。雨が降るかも降るかも、っていう予報も外れたまま、雨降らないまま明けちゃいました。
きっと、“7月上旬に梅雨は明けていた”っていうことに訂正されそうですよね。

明日は半日休み。でも仕事上気がかりなこともあって、仕事しないで休んでいると落ち着かない。
そこで、仕事しに恵比寿に行く、でも途中歩いて行く、ということに決めました。
久しぶりに多摩川を歩こうかな(もちろん水の中じゃなくて堤の上^^)。
[PR]
by letswalk | 2008-07-20 23:57 |

東中野〜新宿

たまたま展に、東中野へ行ってきました。
帰りに、東中野〜新宿をウオーキング。25分。
買ったペットボトルを手に持って歩きましたが、ウェイトを持つと腕がよく振れていいですね!
[PR]
by letswalk | 2008-07-19 21:16 | 今日のwalking