<   2008年 04月 ( 18 )   > この月の画像一覧

暇無し

月曜日は恵比寿〜大崎歩いたけれど、昨日今日と歩かず、明日もきっとだめ。
初夏のような暑さだったし、明日も暑いらしいし、歩いたり走ったりできたら、いい汗かけるんだけどなぁ。暇無し。
[PR]
by letswalk | 2008-04-30 19:56 |

箱根ハイキング

箱根の湯坂路へ、ハイキングに行ってきました。

朝まで雨っぽかったですが、午後からは晴れるという予報に期待して出掛けました。
横浜9時過ぎに出発、小田原から箱根登山鉄道で小涌谷へ。11時半頃着。
登山鉄道はかなり古い型の車両で、ガタガタ登って行くのがとても良かったですね ♪

f0156912_7294034.jpg













小涌谷駅の箱根登山電車


まずは、千筋の滝へ。
もっと山の中かと勝手に想像していましたが、小涌谷駅から意外と近かった。そして意外と小さかった。千はないよ。百くらいが控えめでいいかも。
先日の大山の滝はほとんど枯れていましたが、今日は雨の後だったためもあってか水量はけっこう豊富。滝壺の池もきれいで、夏の暑い日にはとっても気持ちの良さそうな場所です。

千筋の滝から登山道に入り、かなりの勾配をせっせと登り、終わりかけのソメイヨシノから時折降ってくる花吹雪の中を歩いたりして、30分程で浅間山(せんげんやま)へ。
ガスが濃くて、景色は駒ヶ岳が見える程度で残念でしたが、山頂広場でおにぎりの昼食。

湯本へと下る湯坂路は、まず広くなだらかな尾根道から始まります。
雨のぬかるみで歩きにくい箇所も少しありましたが、快適に下っていきます。
楓の木が多く、緑の葉がわんさと繁っていましたが、緑の楓って不思議な感じがしました。楓=紅葉=赤の勝手なイメージだからなんですが、赤になる前の葉は当然緑ですよね!

途中、トレランぽい2人連れとすれ違いましたが、ちょっと疲れている様子。他にも、白人のおじいさんも、だいぶん疲れて登って来ました。この2組から想像すれば良かったのですが、快適尾根下りの後は、厳しい石畳下りが待っていました。

湯坂山を過ぎてからは、道が石畳になります。歩きにくいのは、雨の後だけなのかな? 乾いていれば滑る方の問題は無いのかもしれませんが、とにかく滑る。何度も滑って転びそうになりました。そして、ごろごろしている。ホントに歩きにくい!
湯坂城趾の石垣を敷いたと何かで読んだと思いますが、わざわざ敷く意味があったのでしょうか? 土砂の流出防止とか?
そんな石畳の道が、結局登山道の終わり、国道1号に出るところまで延々続き、今日は最後これで疲れました。
少なくとも滑ることに関しては、晴れが2〜3日続いた後でないとこの道はおすすめできませんね。

国道1号に出たところは、もう湯本駅のすぐ近く。15時頃着。
おみやげ買って、ビールとおつまみも買って、帰りの電車で飲みながら帰ってまいりました。
[PR]
by letswalk | 2008-04-27 19:59 | おでかけwalking

みなとみらいなど

今日は天気良かったなぁ ♪
いくつか用をこなしに、伊勢佐木町、関内、みなとみらいなど歩きました。平日昼間のみなとみらいは、のんびりしていていい感じです。
開港の道プロムナードの工事がそろそろ終わって、歩けるようになっているんだっけ?って行ってみたら、今日まで工事。残念。

明後日は箱根にハイキングに行く予定。当日の天気は大丈夫そうだけど、明日の雨の量によっては、道のぬかるみがちょっと心配。

そして、来月はトレランツアーに、6月にはマラソン大会に行くことを決めました。
マラソンは42.195㌔のコースですが、歩いてもいいっていう山道コースです。35㌔まではずっと上りですって。ゆるいような、厳しいような。
[PR]
by letswalk | 2008-04-25 20:01 |

3日分

火曜日は、横浜行きのため、みなとみらいなどを少し。

水曜日は、表参道行きのため、大崎からウオーキング。帰りも恵比寿まで。10㌔弱。

今日木曜日は、歩かず。買い物しました。こんなもの
興味の割り合いは、前はウオーキング7割ランニング3割だったけど、最近は5割と5割かなぁ。
そのうちCRCに名称変更か!?
[PR]
by letswalk | 2008-04-24 21:27 | 今日のwalking

緑の目黒川

昨日の筋肉痛がありますが、早く治すためにもストレッチウオーキングと思い、
恵比寿〜大崎、新緑が美しい目黒川沿いを、午後から晴れた青空の下、歩きました。
[PR]
by letswalk | 2008-04-21 22:53 | 今日のwalking

PARACUP

走ってきましたPARACUP、10㌔、52分52秒。

自分の時計では52分27秒でしたが、スタート時の計測開始場所が違っていたのかな?
一応私の最初の公式記録は、52分52秒ということで。

多摩川の土手、丸子橋の袂からスタートし、二子橋まで5㌔走り、折り返して丸子橋へ戻ってくるほぼ往復のコースです。

スタート直後は、混雑、狭めの道、昨日までの雨によるぬかるみ等で、どうも自分のペースをつかめなかったのですが、1㌔を5分30秒で通過。なかなか思い通りのいいペース。
2㌔は10分50秒。その後も1㌔を5分10〜20秒ペースで刻めて、5㌔は26分30秒。

練習不足の割りにはいいペースで走れていたのですが、やはりまだ今の私には少しペースが早かったようで、ここからピッチを一段上げるには体力不足を感じ、もう2〜3㌔このまま様子を見ようとペースを維持。
このあたりになるとランナーたちは縦に長くばらけ、自分の前後を走っているのは走力が同じくらいの方たち。その中で、体が細く締まり、走り方が美しく、ウエアもいい感じのランナーに狙いを定めて、この人について行こうと頑張ります。

8㌔を過ぎもうすぐ9㌔。もうスパートをかけないとこのままゴールしてしまう!って思いつつも、胸は苦しく足は重く、全然ペースが上がらない。でも引っ張ってもらっているランナーさんには頑張ってついて行ってはいたので、実はペースアップしていたのか、そのランナーさんも苦しかったのか。

最後の最後だけは頑張ってスパートし、バンザイでゴール!
自分の時計では、前半26分30秒、後半26分。とても満足な結果でした ♪


f0156912_13403910.jpg













6㌔付近を走る私(奥)
ペースを上げられないものの、(一応)余裕の顔!?



PARACUPの合い言葉は、「分かち合う感動」「喜ばれる喜び」。
走る、10㌔やハーフを走りきる、そしてそのために努力するということは素晴らしいことですよね。その素晴らしさを自分一人で味わっていないで大勢で共有しようよ、っていう趣旨だと思います。
(さらに、参加費の必要経費以外は世界の子供たちへ贈られる、という喜びもあります)
その共有ということの具体化が、“ゼッケンにニックネーム”と“ハイタッチ”です。

ゼッケンには下3分の1に余白があって、ゼッケンを受け取ると、そこに自分のニックネームを書きます。これで、昨日までの見知らぬ人も、名前を知っているというだけで、友人のような近しさを感じてしまいます。
コースのサイドにはボランティアの方々が立っていて、給水をしてくれたり、“5㌔地点”などと書いたボードを掲げてくれたり、“ここ曲がります”と案内してくれたり、“足下悪いから大回りしてくださーい”と教えたりしてくれますが、そんな仕事の合間に、「○○さん、頑張ってー!」とか「○○、ファイトー!」とか「○○さん、ナイスラン!」とか、名前を呼んで応援してくれるんです。私も10㌔走っている間に、何十回名前を呼んでもらったでしょうか。嬉しくて、励みになって、絶対頑張ってやる!っていう気持ちにしてもらいました。
そうそう、ボランティアの方だけでなく、ランナーにもいらっしゃいました! ハーフを、頭にパンダのかぶり物をして走っていたあなた! あなたは素晴らしい! すれ違うランナー皆に「頑張ってくださ〜い!」と声を掛けてました。記録も大事ですが、こんなランもまたとてもいいものですね!

そして、ハイタッチ。サイドに立つボランティアの方は皆、肩の高さに左の手のひらを掲げてくれています。ランナーも左の手を挙げて、通り過ぎるときにパチリ! 
名前を呼び合い、手も合わせ、参加者全員が一体感を持てるんです。




さて、このPARACUP、私の小学生の娘はボランティアで参加しました。
仕事は二子エリアでの給水で、集合は8時に二子橋のたもと。まず娘と一緒に8時に二子橋に行きました。そこで娘を置き、私はウオーキングで丸子橋へ。
朝6時起きでしたが、出走4時間半前に起きることができて、3.5㌔のウオーキングでウオーミングアップもしたし、寝不足以外はとてもいいスケジュールでした。

第三京浜の新多摩川橋下、往復2回、給水所で働いている娘に手を振りながら走りました(残念ながらハイタッチはできなかった)。
そして10㌔完走したあと、またジョギングで新多摩川橋へと向かいました。このとき、前述のパンダ君の後ろを、彼に感動しながら走ったんです。
給水所では、私も給水のボランティアの方たちに混じって、ランナーに声を掛けたりハイタッチをしたりして楽しんでしまいました。「喜ばれる喜び」とは、まさにこのことです!
ニックネームを書いていないランナーも少しいましたけど、恥ずかしいのかな? 名前呼ばれたら絶対嬉しいですよ。来年は名前書きましょうよ ♪

最終ランナーが通り過ぎた後、給水所の片付けを少し手伝って、また丸子橋へ戻ります。丸子橋のゴール地点で、ボランティアの方たちへの感謝状の贈呈があったんです。
感謝状に加えてフィリピンの子供たちが作ってくれた首飾りをいただきました。完走したランナーもやはりフィリピンの子供たち作の素敵な首飾りをいただいたのですが、ボランティアの皆さんには、さらに凝ったつくりの素晴らしいものが渡されました!

f0156912_1354299.jpg













給水所で、アミノバリューを紙コップに注ぐ娘




こんな素晴らしい大会でしたので、参加した方々がご自分のブログに色々書いていらっしゃいます。併せて読まれたらPARACUPの素晴らしさがもっと伝わるかな、って思いました。

取りあえず見つけた、PARACUPに参加した方々のブログ
前田さん
papepipapoさん
秋田さん
こじょうまさん
プリン隊長さん
speedlinkさん
増永さん

来年も参加したいですネ ♪
[PR]
by letswalk | 2008-04-20 19:47 | running

残念

明日はPARACUP
午後から晴れたし、少しでも歩いておきたいな、と思ったのに、時間が無くてうーむ残念。
駅の階段駆け上り、駅から家まで数百㍍ウオーキング、そんなくらいでした。

明日は初の大会、取りあえず10㌔。取りあえず60分切りを目指します。
[PR]
by letswalk | 2008-04-19 23:24 | 今日のwalking

1,875人

歩き終わって、すっかり忘れていました(^^;) 伊豆急全線ウオーク。
喉元過ぎれば熱さ忘れる? 人の噂も七十五日? まあちょっと違いますけど、人は(私は?)忘れやすい、ということで!

全線完歩者は、1,875人だそうです。3日間行って、歩いている間に会った人は、……3人!
私は平日に行きましたが、休日はけっこうたくさんの方が歩いていたのでしょうか?

次回は頑張って2日で歩いてみようかな。
[PR]
by letswalk | 2008-04-19 01:57 |

渋沢丘陵&弘法山

丹沢に行ってきました。丹沢といっても小田急線沿い、低い山です。
でも私のようなトレラン初心者には、このくらいの山が最適。大変な上りもそれほど無いし、平坦な道や緩い下りが多くて、楽しめました!

天気は曇り。前日火曜日のような、もう少しいい天気を期待していたのですが、暑くなりすぎなくて良かったかも。見晴らしは悪かったですけど。
登山ガイドには、低山は盛夏には向かないとありますが、たしかに昨日以上に暑かったらバテてしまうし、何より私の嫌いな虫が多くなって不快なので、早めの時期に行って良かったと思いました。

出発は渋沢駅。まずは頭高山(ずっこうやま)という山を目指します。
途中、泉蔵寺という、チューリップで有名なお寺を通ります。今週の日曜日にチューリップ祭りがあったそうで、近くの小学生たちが描いたお寺の地図もあったりして、小さいお寺ですがほのぼのとしたいい感じでした。チューリップももちろんたくさん咲いていて綺麗でしたし、つぼみの花もまだまだあったので、しばらくは楽しめそうですよ。

標高約300㍍の頭高山に登り、そして少し引き返す感じで、次は渋沢丘陵に向かいます。
途中、桜がすごく綺麗な場所がありました。ソメイヨシノでない、もう少し遅咲きの桜が何種類か。色も形も様々な桜の競演は素晴らしかった!
丘陵の尾根道は、北側の丹沢、南側の箱根の遠方は曇っていてほとんど見えませんでしたが、近くの山々(丘々?)の緑や…、う〜ん何色と言ったらいいのか、とにかくいろんな緑がもこもことあって、自然のままの森の景色がまた良かったですね! 
こういった景色も、低山の魅力ですね。

渋沢丘陵の東側に、震生湖という、関東大震災でできた湖、というか池があります。
森の中の道を下って震生湖畔に行きました。釣り人がたくさんいて賑わっていましたが、私としては期待外れ。
ここで昼飯を食べようかと思っていましたが、食べ物を食べる清潔度でなかったので、そうそうに湖を後にしました。

少し行けば、もう秦野市街。街中の公園の東屋でおにぎりを食べて、今度は浅間山〜権現山〜弘法山に向かいます。
麓の登山口から、かなり急なつづら折りの道を登りきると浅間山、そして一谷越えれば権現山です。かなり頑張って登ったので、権現山頂上の見晴台で一休み。
この辺り一帯は弘法山公園として、登山道というよりは本当に公園で、施設や道もかなり整備されています。山を求めて来たので少し不満ですが、近所の方々の憩いの場でもあるのだから、文句を言ってはいけませんね。
権現山から弘法山への途中の道は“馬場道”という名の平坦な道で、「へー、馬場道っていうのか」と思っていたら、前方から本物の馬が来てビックリ!
看板のイラスト地図で見たら近くに乗馬クラブがあるんですね。いやホント、ビックリしましたヨ!
そして、道には馬の落とし物もありました。「犬のフンは飼い主が始末しましょう」なんて掲示がありましたけど、馬のはどうしたらいいんでしょうね。やっぱり乗って来た人が始末するべきなんでしょうね。

さて、弘法山はついこの前来たところで、ここから先は前回と同じ道です。善波峠・吾妻山を通って鶴巻温泉に下ります。
弘法の湯に入って、今日の汗を流し、帰途に着きました。

距離や高低差など、トレラン初心者向きコースですね。緑の中を、とても気持ちよく走れ(歩け)ました ♪
次に丹沢に来る時は、もう少し高い方に行ってきます。少しずつ、高い山、長い距離に挑戦。
丹沢における今年の目標は、大倉から焼山への縦走ですので!
[PR]
by letswalk | 2008-04-17 23:59 | おでかけwalking

近所だけ

日曜月曜と時間が無くて歩けず。
今日は用をこなしながら近所だけ、5㌔くらいかな。

明日は丹沢へ、軽く走りに行ってこようと思っています。
[PR]
by letswalk | 2008-04-15 19:30 | 今日のwalking