カテゴリ:trail running( 27 )

高尾山さわやか森林マラソン

日曜日は、高尾山さわやか森林マラソンに参加してきました。
距離は15㌔。最近あまり走っていないので、走りきれるかどうか、ちょっと不安な距離でしたが、申し込んでしまったものは仕方がない^^; 頑張って走りましょう!

家を9時頃に出て、横浜線で片倉へ。京王片倉から高尾山口へ。高尾山口駅裏からスタート地点の日影沢キャンプ場近くまで、無料搬送バスが出ています。
日影沢キャンプ場に着いたのは11時半過ぎ。12時スタート予定ですからけっこうぎりぎり(搬送バスで大勢一緒に到着しているので、焦りは無いのですが)。既にとても大勢の方が集まっていて、着替えたり、トイレに並んだり、ウオーミングアップしたり、スタートゲートの下に並んだり、キャンプ場の狭い広場は人でごったがえしています。
最近のトレラン人気で、この大会も昨年に比べて参加者がとても増えたそうで、今回15㌔には約1,000人の方が参加です。

10分遅れで、12時10分スタート!
f0156912_18112298.jpg










3.5㌔の小仏城山までは、ひたすら林道の登り。急な登りはなかなか走れませんね。緩い登りは走り、急坂は歩き、を繰り返し、標高差約500㍍を登っていきます。
と、突然視界が開けます。谷側の杉が大きく伐採されていて、都心方面が眺望できる道が続きます。どこまで見えているんだろう。ちょっとガスっていてはっきりと分かりませんが、空気がキレイなら新宿などもきっと見えるのでしょうね。
左側の景色を眺め、写真を撮ったりしながら走っていたら、おお!前から折り返したトップランナーが来るではないですか! 私がまだ3㌔しか走っていないのに、もう5㌔過ぎていることになります。やはり速い人には全然かなわないなぁ。

ネイサンのボトルを腰につけて走っていたので、小仏城山山頂の給水所はスルーして、何人か抜かします。
ここから一丁平の折り返し往復が、コース唯一のトレイルです。往復1.5㌔くらい。
ハイカーの方もけっこういらっしゃるので、“なんだなんだ、この人たちは! 迷惑だなぁ”くらいに思われたかもしれません。どうもすみませんm(__)m

折り返して小仏城山に戻り、今度は登ってきた林道をひたすら下ります。
勝手な感覚では、下り始める前、城山山頂では300位くらいかと思いました。
しかし下りは苦手です。足が痛くなる不安がどうしてもあるので、なかなかスピードを出せません。どんどん抜かされます。
違う走り方をちょっと試してみます。歩幅を意識して狭くし、その分足の回転を速める、つまりピッチ走法です。この方が足への負担が少なそう。ピッチ走法に変えてから、抜かされる人数が少なくなったような気がしました。

スタートした日影沢キャンプ場のすぐ手前で、右折して林道を往復する約6㌔のコースに入ります。
入ります、と思ったら、抜かして行くとても速い人が。なんでこんなに速い人がこんな順位なの? そしたら右折せずにまっすぐゴールへ向かって行きます。7㌔のトップランナーだったのですね。いやぁ、速い速い!

林道はだいたい平坦です。これが辛い。休めないから。ロードレースと同じです。「歩いたら負け」っていう感覚ですね。苦しいですが、周りにも歩いている人は全くいないので頑張ります。
そしてゴール!
f0156912_18153913.jpg













林道も走り通しましたよ。偉い自分!^^;
タイムはちょうど1時間30分。小仏城山からは結局抜かされ通しで、これも勝手な感覚で300人に抜かされました。順位は、後日記録賞が郵送されてくるまで分からないですが、予想は600位くらいかな。2時間掛かるかとも思っていたので、自分としてはなかなかのタイムです。
何より楽しめました! やはり山を走るのは気持ちがいいですね! 欲を言えば、もう少しトレイルが多いと良かった。でもまた来年も参加したいなぁ。

帰りも高尾山口駅まで搬送バスを出してくれていたので、それに乗って駅へ行き、参加賞のTシャツをいただいて、駅の近くで酒まんじゅうとお蕎麦を食べて、帰りました。
[PR]
by letswalk | 2008-09-30 18:11 | trail running

御岳山〜日の出山トレラン

今日は、セブンヒルズのトレランツアーで、奥多摩の御岳山〜日の出山〜武蔵五日市駅を走ってきました。

集合は青梅線の御嶽駅。私の失敗で乗るべき電車に乗れず、だいぶん遅刻してしまいました(TT)
中央線のトラブルで、遅れて一緒の電車になった方や、結局来られなかった方もいらしたりして、遅刻はうやむやになった感じでしたが、先着されていた皆様をお待たせしたのは大変申し訳なかったですm(__)m

多摩川沿いから車道歩き(ちょっとジョギング)で、ケーブルカーの駅へ。
今日はいい天気で暑かった! すでに汗だくです。
ここから立派な杉並木の道を、御岳山へとくねくね歩いて登ります。坂がかなり急なので、走るのはちょっと無理かな。杉の木はどれも立派で、上の方から番号がふられてます。気づいたときには750くらいだったので、800本くらいあるのでしょうか。
山頂に着いて御岳神社を見て回り、昼食。
北東側に開けた景色が素晴らしかったですね。冬の空気がきれいな日には日光まで見えるそうです。

ここから、トレランです。
御岳山が今日の最高点で、あとは武蔵五日市駅に向けて、ほぼずっと下り。
階段も少なく、トレイルも広めで、すごく走りやすい!
途中、登り返す唯一のピークは日の出山。ここでも都心方面の眺めが良かったです!

最後、街に下りる急坂で、いつもの通り足が少し痛くなりましたが、何とか走り通しました。
今日のコースの後半は10月のハセツネ(トレランレース)の最終部分で、最後はハセツネゴール地点にて、皆で笑顔でハイタッチ。
ハセツネに参加される3人の方々、頑張ってください!

今日のトレランも楽しかった。満足な一日でした ♪

f0156912_18442918.jpg
[PR]
by letswalk | 2008-09-17 19:27 | trail running

トレラン 大山

Teamセブンヒルズの仲間・オールドフィールズさん(オーフィーさん)と、大山へトレランに行ってきました。

オーフィーさんは、この秋にトレランレースに出場されることを現在の目標にしていらして、週末にはトレランやそのための日々のトレーニングを、とても積極的にこなしていらっしゃいます。
私はと言えば、5月以降、走ると必ず膝下の筋肉痛になっているので、最近は、街ではウオーキング、山では沢登りと、ランニングからしばらく遠ざかっているへたれぶりです。
そんな中、オーフィーさんから“トレランに行きましょう!”と誘われ、誘ってもらったのが嬉しかったし、これはいい機会だと思い、行ってくることにしました。

結果、足はやっぱり痛くなりましたが、f0156912_2563951.jpg
きっと下りの時の姿勢が悪く(後傾)無駄に体重を膝で受け止めていることが原因なのでは、と何となく分かりましたし、それが分かると、痛くなることを怖がる気持ちが薄らいで、トレランに対して気持ちが前向きになってきました。よかった! これから秋はトレランシーズンですからね!

相鉄線でオーフィーさんと待ち合わせ、秦野へ。
秦野からバスでヤビツ峠へ。
ヤビツ峠は既に霧。
早速、大山へ向かって出発です→
10時8分。

f0156912_2565596.jpgヤビツ峠から大山に向かってイタツミ尾根を登っていきます。
標高差約500㍍を一気に登る、かなり急な登り。
25丁目で表参道と出会い、大山山頂へ。10時48分着。
すっかり霧の中。景色など全く見えません。
人も意外といませんでした。もっと混雑しているのかなと思ったのですが。そう、下社のお休み処も閑散としていたなぁ。







ちょっと休憩の後、f0156912_2571290.jpg
10時56分、見晴台へ向かって下り始めます。
11時21分着。見晴台も霧→
全然見晴らせなーい^^;

見晴台を出て、等高線に沿った道を下社へ。
すごく快適に走れる道です。
11時32分、下社着。
私は「階段を見ると駆け上がりたくなる症候群(元気なときに限る)」なので、下社の階段は駆け上がります!

f0156912_257248.jpg11時40分、下社を出発。
また等高線に沿って、蓑毛越へ。

ここからは、鶴巻温泉に向かって、長い尾根下りです。
途中の、いったん登り返した高取山(12時27分着)で、昼食休憩。
12時40分に出発して、念仏山、善波峠、吾妻山と経由して、
←鶴巻温泉の弘法の里湯に13時45分到着。
途中、善波峠から弘法山往復をしたいとも思ったのですが、足が痛くなり始めていたので、やめておきました。私が自分で提案しておきながら、スミマセン。

弘法の里湯では、温泉につかって、その後蕎麦も食べながら、オーフィーさんにトレラン仲間のお話しなどいろいろと伺い、楽しく、ためにもなりました。

今日は昨日までとはうってかわって涼しく、走りやすい温度で良かったです!
今月はトレランは行かないかな。来月になったら、また行ってきます。セブンヒルズのトレランツアーも申し込んだし!

とても有意義な今日の大山トレラン、オーフィーさん、どうもありがとうございました!
[PR]
by letswalk | 2008-08-17 23:16 | trail running

セブンヒルズツアー 弘法山

セブンヒルズのトレランツアーで、秦野の弘法山に行ってきました。

小田急の鶴巻温泉駅に10時に集合。小田急線のこの辺りに最近何回も来ているので、だんだん馴染み深い場所になってきつつあります ♪
今日の参加者は13人、セブンヒルズの池ケ谷さんたちと総勢15人。レベルが入門コースということもあって、とーっても速い方とかいなかったし、ちょっと遅めの方(実は私も^^;)もそれなりに頑張って、皆でまとまれる楽しいトレランでした。

駅から北へ。住宅地を少し行って東名をくぐれば、もうそこはトレイル。吾妻山までの、ちょっと急な上りを頑張って登ります。
吾妻山から弘法山までは、緩いアップダウンが適度に続く、トレランに最適の道。
途中、坂の登り方や下り方のレクチャーも受けつつ、楽しんで走っていればすぐに善波峠。えっ、もうここまで来ちゃったの?って思いましたが、皆さんと走って楽しかったのと、一人で走るよりも気持ちが高揚していたんでしょうね。
善波峠から弘法山までは、すぐです。
弘法山から馬場道を通って、秦野市街の眺めが素晴らしい権現山へ。権現山直前の長い階段を駆け上ろうとしましたが、キツくなって最後の10㍍ほどを走りきれなかったのが残念。

権現山から秦野市街にも近い下界の登山口まで往復しま〜す、とのことで、荷物を置いて出発。出発しましたが、どうしようか迷い、途中待機(というとカッコ良さそうですが、つまりサボり)することにしました。だって、足のいつものところが痛くなりかけていたので。そして、かなりの急坂(急階段)だということを、先日登って知っているので。
ここで頑張って復路の快適コースを歩く羽目になってはつまらない、と思い、もうお一人、太ももを吊りそうになっちゃってる方と、お話ししながら皆さんを待ちます。
20分くらいで次々と戻って来られますが、はあはあぜえぜえと皆さんいい具合に疲れています。
ああ、足さえ順調なら自分もはあはあぜえぜえしたいなぁ、とちょっと孤独感。

権現山に戻って昼食です。
昼食の後はラダー(縄梯子)を使っての、足運びの練習。
これ好きで、意外と上手くできてる気がするのですが、練習と本番はやっぱり違う。実際の走りにラダー練習の成果が活用できてるかと言われると、まだまだって感じですね^^;

復路は、来た道を戻ります。
権現山から馬場道、弘法山、善波峠、吾妻山。吾妻山で記念写真。そして鶴巻温泉へ駆け下り。駅前で解散です。14時半ころ。

ここに来たら必ず寄る弘法の湯で、一緒に走った数人の方と汗を流して帰途につきました。
足の痛みは多少ありましたが、最後まで走りきれて満足。
また、痛みはアイシングするといい、と池ケ谷さんから伺って、帰って早速冷やしました。お陰で、すぐに痛みも取れました。
セブンヒルズ、楽しいのでまた参加したいですね。
[PR]
by letswalk | 2008-06-12 20:18 | trail running

明日SHツアー

雨だったり時間が無かったりで、ほとんど歩いていないここ数日ですが、明日はSHのトレランツアーに行ってきます。
朝8時に家を出れば充分間に合うので、奥多摩や秩父に行くよりはずっと気が楽です ♪
梅雨の晴れ間。気温もかなり上がるそうなので、ばてないように気を付けつつ。
足の筋肉痛(と言ったらいいのか、たぶん腓骨筋を痛めているような気がする)も完治してないようなので、サポーターも着けて無理しないようにします。
[PR]
by letswalk | 2008-06-09 19:49 | trail running

大楠山

金曜日は、熊谷などで30°を超える暑い日でしたね。雑誌トレイルランナーにも紹介されているコース、三浦の大楠山に行ってきました。

横須賀線の衣笠駅を出発。
衣笠は、小さな駅・小さな街だと勝手に思っていましたが、けっこう大きな街で、商店街も充実していました。住んでもいいかなと思える、良さそうな町ですね。

まずは衣笠山公園へ。山頂までは舗装路。裏へ下りていく道は、一転トレイル。
一度、三浦縦貫道入口というところまで下りて、そこから衣笠城址へと上り返します。
大善寺というお寺を通り過ぎて、横浜横須賀道路を越える大畑橋を渡り、大楠山を目指します。
雨が乾ききっていなくて、泥の川のようになっている箇所も少しありましたが、だいたい快適に走れる道でしたね。とは言っても、体力無いので、走ったり歩いたりでしたが。

大楠山は標高242㍍の三浦半島最高峰。山頂には展望台があり、360度の眺めです。
天気は良かったのですが、ちょっと煙っていて、それほど遠くまでは見渡せなかったのですが、風に吹かれて汗を乾かしながら休憩。

大楠山からは、ほぼずっと下り。なかなか快適。
水の流れるいい音が聞こえてくるな、と思ったら、前田川が右に現れます。そして「前田川遊歩道入口」の表示。そちらに行ってみます。
前田川は、水量豊富、勾配もあって流れもそこそこ急で、川沿いの遊歩道は、流れの中の石を伝って歩く箇所もあるとても楽しい道。
800㍍の遊歩道は楽しくてあっという間に終わってしまって、もうそこは国道の前田橋バス停。
バスで逗子へ出て、帰りました。
汗だくのトレラン。2時間で2㍑の水を飲んでしまいました。

衣笠駅   000分
衣笠山公園 021分
衣笠城址  036分
大畑橋   050分
大楠山   082分
大楠山出発 097分
前田橋   139分
[PR]
by letswalk | 2008-05-25 12:05 | trail running

セブンヒルズ トレランツアー

セブンヒルズアドベンチャーの、トレイルランニングツアーに行ってきました。
足を痛くして、同行の皆さまにご迷惑をお掛けしたかもしれませんが、とても楽しく走って(歩いて?)きました。

台風が来ていて雨もけっこう降っているので、一応電話で実施を確認。セブンヒルズさん曰く「だんだん弱まるでしょう」とのこと。雨の中走るのもまた楽しいかな、と。
青梅線の川井駅に集合。
横浜を5時に出発。川崎から南武線、立川から青梅線と乗り継いで青梅へ。
車窓は青梅までは街ですが、そこから先は、山! 線路も単線になって、緑が深い景色に。期待が高まります!
8時22分に川井着。
もう一本、53分着の電車があって、それでいらした方も集まって出発です。
総勢15人くらい。

今日のコースは、川井から林道を百軒茶屋というところまで行き、棒の峰(棒の折山)への急な坂道を登り、そこから尾根の下りと上りを繰り返して川井駅へ戻る、という道です。

「まずジョギングで行きま〜す」と始まり、なんかあっと言う間に百軒茶屋へ到着。事前に地図で見たところ、棒の峰までの距離の4分の3くらい行ったところに百軒茶屋があったので、“あれれ、もうそんなに来ちゃったの?”と思いましたが、甘かった!
ここから棒の峰の頂上までは、ホントに傾斜45°のキツい登り。登っている途中に横を見ると、地面が45°か、もしかしたらそれ以上に傾いているんですから。
ふくらはぎをつらないように、と気を付けていたのですが、途中でつりそうに。ふくらはぎをかばっていたら、今度は太ももをつりそうに。
足がぎりぎりの状態で、何とか頂上に到着。

頂上では、先に着いていた方達が、縄梯子を使って足の運びの練習(って言ったらいいのでしょうか)を始めていました。(どんなことをやるのかは、セブンヒルズのページのフォトギャラリーで見てみてください ♪)
私も途中から参加。
もも上げだけは、また足がつりそうになって断念^^;

休憩の後、尾根道へと出発。
おや、なんかおかしいな、と思ったのはしばらく走ってから。
たぶんヒラメ筋、右足ふくらはぎの外側筋肉がすごく痛くなってきました。
つりそうになったのをかばって、変な走り方をしていたのかもしれない。膝を曲げたり伸ばしたりしようとすると、けっこうな痛みが。
爽快な下りランのはずが、あまり走れなくて、ほとんど歩きになってしまいましたTT
皆さんにも途中途中で待っていただいたりして、迷惑を掛けてしまった。うーむ、いかんいかん。

それでも何とか山道を終え、舗装路に戻り、川井駅へ。
皆さんはジョギング、私はウオーキング。走ろうとすると膝を曲げないといけなくて痛いから。ウオーキングは膝を伸ばしたままなので大丈夫。
ジョギングの速さにならウオーキングで遅れず付いて行けました。
駅前で、皆で簡単におつかれさま〜の挨拶をして、14時半くらいの電車で帰途につきました。

トレイルを走るというのは、ほんとに爽快なものですね ♪
今日は最後まで小雨降る寒い中でしたが、それでも楽しかった!
天気が良くて眺めが良かったりしたら、もう最高ですよね。
途中、走り方などについて色々教えていただいたし、同好の皆さんの和やかでフレンドリーな雰囲気も味わえて、とても嬉しいツアーでした。

ところで、痛みはだんだんひどくなって、駅での乗り換えの階段は辛かった!
山にいる間には、まだ歩きに耐えられる痛みで良かった。
反省点。普段のランニングの練習量不足。そして、最初の登りの時点での自分の力の過信。
次回はこんなことにならないよう、頑張ります、そして気を付けます。

セブンヒルズの池ケ谷さま、そして同行の皆さま、お世話になりました、ありがとうございました。またよろしくお願い致しますm(__)m
[PR]
by letswalk | 2008-05-15 22:32 | trail running