カテゴリ:running( 19 )

PARACUP2009

29日、多摩川土手を走るPARACUP2009に、昨年に続き参加してきました。
今年はハーフ!

“世界の子どもたちに贈るRUN”という副題がついています。
走ることは自分の喜びなのですが、自分が楽しいことをしているあいだに、困っている人(子ども)に何かしらの援助をすることが同時にできている。素晴らしいことのような気がします。テーブル・フォー・ツーのランニング版ですね。
今年は3,300人のランナーと500人のボランティアスタッフが参加して、500万円以上のお金が、フィリピンやバングラデシュをはじめとする世界の子どもたちの支援に使われるようです。



受付・スタート&ゴール・イベントは、丸子橋のたもとで行われます。
10時までの受付というのは、私のような夜型人間には嬉しい時間です。今日は天気もばっちり!

10㌔のコースは、丸子橋から5㌔上流に向かい戻ってきます。
ハーフは、丸子橋から5㌔下流に向かい戻ってきて、10㌔と同様、上流への5㌔往復、というコース。
10時半の10㌔のスタートを送り、ハーフは10時45分、スタート!

〜1㌔ 6分09秒
〜2㌔ 5分56秒
〜3㌔ 6分19秒
〜4㌔ 6分02秒
〜5㌔ 6分08秒
今日は初ハーフ。長距離ということで、いつもより遅めに入りました。とても快適に走れます。

〜6㌔ 5分53秒
〜7㌔ 6分00秒
〜8㌔ 5分49秒
〜9㌔ 5分46秒
〜10㌔ 5分22秒
このあたりでも快調快調! 「5分22秒」は距離表示が間違っていたんじゃないかな。ペース上げてなかったから。

〜11㌔ 6分03秒
〜12㌔ 6分19秒
〜13㌔ 6分46秒
あれれ、なんか足が重たくなってきた。

〜14㌔ 7分02秒
〜15㌔ 7分07秒
〜16㌔ 6分46秒
〜17㌔ 7分23秒
〜18㌔ 7分11秒
足は重たいまま。全然ペースが上げられません。
それでも「あと3㌔!」の声に、もうひと頑張り!、と気合いを入れます。

〜19㌔ 7分26秒
〜20㌔ 7分04秒
〜ゴール 7分27秒
最後スパートしようと思っても、速くなっていたのかどうか。
ゴール前100㍍は、走り終わったランナーさんたちが、両側で応援してくれます。

自分の時計で、2時間15分57秒。
あとでもらった記録証では、2時間15分50秒でした。
うん、頑張った! 自分としてはこんなところでけっこう満足です。
[PR]
by letswalk | 2009-05-02 14:54 | running

周回ランニング

午後から気持ちよく晴れましたね!
夕方に、自宅〜自宅の周回コースをランニング。26分34秒。
一昨日の両神山の後遺症で、太ももが痛い^^;

韓国の監督が「投手を温存した」だって!
そんな言われ方、今日投げた投手がかわいそう。
[PR]
by letswalk | 2009-03-20 21:18 | running

三浦マラソン

三浦マラソンから一週間も経ってしまいました^^;
ラップタイムなど書いてみようかな。

スタート〜2㌔ 12分09秒(1㌔地点見落とし)
最初は大勢だったので、のろのろスタートです。
〜3㌔ 5分30秒
だんだんばらけてペースも乗ってきました。でもハーフのトップランナーさんたちに、びゅんびゅん抜かれます!
〜4㌔ 6分02秒
海沿いから、丘へ登ります。最大の難所です。
〜5㌔ 5分36秒
登りきると、緩い下り坂になります。5㌔の行程の往復なので、折り返し点が5㌔地点です。
〜6㌔ 5分49秒
逆、ってことは、緩い登り坂。
〜7㌔ 5分24秒
坂を駆け下ります!
〜8㌔ 5分44秒
だんだん疲れてきた。
〜9㌔ 5分41秒
あと少し!
〜ゴール 5分03秒
ラスト1㌔は、スパートしてみました。
10㌔を57分、もちっと練習せんといかんですなぁ。

ちょっとロードに興味を無くしていて、次にエントリーするかどうかは三浦を走ってから決めようと思っていまして、そしたら走るとやっぱり楽しいじゃぁないですか!
早速4月の大会に申し込みをしました。今度はハーフ
[PR]
by letswalk | 2009-03-08 11:16 | running

三浦マラソン

雨の三浦マラソン、走ってきました。
タイムはネットで56分58秒、もちろん10㌔のタイムです。
最近はロードのトレーニングもほとんどしてなくてほとんどぶっつけ本番、しかも雨と風でかなり寒い中、1時間切れてよかったな、という感想です^^;
大根もらって帰ってきました。

詳細はまたあらためて書こうかな。
[PR]
by letswalk | 2009-03-01 21:27 | running

東京マラソンが

東京マラソンがエントリーを受け付け始めましたね。
きっと高倍率でしょうから外れる可能性大ですが、一応申し込みました。
湘南マラソンは地元だから出たい気持ちもあるのですが、前日にも受付しに大磯に行かないといけないんですよねぇ。

そして、9月28日の高尾山森林マラソンにもエントリーしました。
“楽しく気楽にトレラン”という雰囲気のようで、自分に合っている感じがします ♪
[PR]
by letswalk | 2008-07-23 21:00 | running

リタイア寸前

今日(月曜)も雨ですねぇ。しかも梅雨入り。
雨の間のたった一日の晴れに当たったとは、運がいい!
昨日は、新緑の奥武蔵、チャレンジラン&ウオークに参加してきました。
結果は、6時間53分20秒。足が痛くなって、リタイア寸前でした。

先日のトレラン以降、少し長い距離を走ると必ず足の同じところが痛くなります。
しかも半端な痛さじゃない。今朝は痛みに耐えかねて、吐き気まで催してしまった。情けない。
とにかく、トレーニングしなくちゃ。
10日には、またトレランツアーに行くので、迷惑掛けないようにしないといけないし。



さて、当日は朝からいいお天気。よく晴れました。
4時半に家を出て、東神奈川、八王子と電車を乗り継いで、7時前には高麗川に到着。
同じ電車で高麗川に着いた参加者の方も大勢いて、皆がぞろぞろと行くのについていって、スタート地点の高麗神社へ。
スタートはウエーブスタートといって、皆で一斉にスタートするのでなく、15秒毎に2〜3人ずつスタートしていきます。コースは普通に人や車や自転車が通る道で行なわれるので、大勢が固まって走ることが無いように、という意図だと思います。
7時30分に最初のランナーさんたちがスタートし、続いて次々と出発していきます。
山道コースなので、最初から飛ばす人はほとんどいなくて、皆さんジョグ程度の速さ。
私は、もしもに備えて遅めの時間帯のスタートを申し込んでおきましたが、7時45分以降は「準備のできた方はどうぞ」ということで、8時12分にスタートできました。

ウオーミングアップはしましたが、最初はウオーキングで入ろうと決めていて、周りの皆さんが走る中、抜かされながらウオーキング。
1㌔ちょっと県道を行ったあとは、山道に入ります。
上りと下りを繰り返しながら、35㌔地点の最高地点まで、約800㍍を上っていきます。上り坂はかなりの急坂も多く、歩く方が逆に速いくらいで、追い抜いた人に「なんで歩く方が速いの!?」って言われちゃいました。
“新緑の”というだけあって、ほんとに道の両側は緑一色。空も青一色。「気持ちいい〜!」って叫びたくなるくらいの環境です。そんな中をウオーキング&たまにジョギングで、5㌔地点通過。

5㌔ 37分14秒

5㌔を過ぎてからだったでしょうか、上りが一旦終わり、長い下りに入りました。
ここで飛ばし過ぎたのかな? 足が痛くなるのが、上りのせいなのか、下りに因るのか、単に距離のためなのか、理由ははっきりとは分からないのですが、この下りで時間を稼ごうと頑張ったのがいけなかったか。ピッチは意識的に小さくしましたが、着地の衝撃を和らげようとは特にしなかったのがいけなかったかも。

7.5㌔のエイドでは、痛みはあまりまだ感じていなかったのですが、予防に電解質を摂ろうと、スポーツドリンクを2杯いただきました。
7.5㌔エイドを過ぎるとすぐに物見山までの、往復トレイルに入ります。コース中、唯一舗装されていない、物見山山頂折り返し約2㌔の道です。折り返しなので、たくさんのランナーさんたちとすれ違えたのが楽しかった!
往復トレイルが終わると、すぐに10㌔地点。

10㌔ 1時間13分00秒 (5〜10㌔ 35分46秒)

12.5㌔のエイドではバナナをいただき、クリームパンもここでいただいたんだっかな? クリームパン美味しかった! 1ヶ分、パクパクっと食べちゃいました。
10㌔過ぎ、エイドを過ぎた辺りから、何となく足に違和感を感じるようになったんですよね。
「おいおい、まだ10㌔ちょっとじゃないか。まだ30㌔あるんだよ!」と自分に言ってはみたものの、痛みは増すばかり。ストレッチするように歩いていれば治ってくるかと期待しましたがダメ。そのことに意識を取られ、15㌔の標識を見落としてしまいました。
走っている、いや歩いている間、頭に浮かぶのは“痛い”ってことと、“○○㌔まであとどれくらい?”“次のエイドまではリタイアせずに頑張るぞ!”ってそれだけでした。
18㌔のエイドではバナナをいただきました。

20㌔ 2時間26分43秒 (10〜20㌔ 1時間13分43秒)

時間だけ見れば、20㌔までは快調。5時間半くらいでゴールできるペースでした。
でもこの時点で、足はもうかなり痛かったのです。上りはまだいい。下りの着地時の足への衝撃の大きさに、痛くしてあらためて気付かされます。
20㌔までは上りが多かったのが、この辺りから下りが適度に混ざるようになってきて、足への負担が更に大きくなってきました。
23.5㌔のエイドではサンドイッチをいただきながら、少し休んで回復させようと、11分間休憩&ストレッチ。
回復したかに思えても、歩き出せばまたすぐに足痛。
これはもうゴールするまで痛みは続くか。とにかく一歩一歩前に進むしかない。
景色は素晴らしいのに、それを楽しむ余裕が少なくて、それも残念。

25㌔ 3時間36分41秒 (20〜25㌔ 1時間9分58秒、11分の休憩含む)

20㌔を過ぎてから、明らかにペースが落ちました。
とにかく前へ。一歩進めば、ゴールが数十㌢近くなる。そんな思いで歩きます。

エイドとエイドの間は、何となく同行する方がいたりするものです。そのエイドまで一緒に走ってきた方も、エイドで休む時間が皆さん違うので、出発もまた違う方たちと一緒ということになります。
特に話しをすることも(私は)無く、前の方を走る(歩く)方に追いつきたい、って思ったり、抜きつ抜かれつする方がいらしたり、っていうだけではありますが。

30㌔地点には、エイドがあります。
30㌔ 4時間31分24秒 (25〜30㌔ 54分43秒)
6分25秒休憩

ここのエイドでは、炊き込みご飯、お味噌汁、そしておしるこまでありました。
おしるこをいただかないまま出発してしまい、歩き始めてから後悔--; 仕方なし。

この5㌔はあまり上り下り(特に下り)が無かったので、それほど痛みを気にせず歩けました。30㌔の手前で、足を引きずって歩いていた私をみて、塗り薬を恵んでくださった親切な方にも助けられました!

35㌔ 5時間28分44秒 (30〜35㌔ 50分55秒)

35.4㌔のエイドでは、素麺とおにぎりをいただき、最後の下りにかかります。ここまで35㌔かけて上ってきた標高を、7㌔で下っていく急坂の連続。絶対に足に激痛が来ると分かっていつつも、ここまで来てリタイアは嫌ですから行きます!
景色の良さをなんとか堪能し、沢を水が流れる音に少し癒され、時折すれ違う自転車で上って来る人に心の中で声援を送り、時々抜かされるランナーさんたちの走りを羨ましく思い、民家が現れてくるともうすぐだと励まされ、西武線の電車の音が聞こえてくるといよいよゴールも近いと喜び、なんとかかんとか下っていきます。

40㌔ 6時間28分36秒 (35〜40㌔ 59分52秒)

ここからの2㌔が長かった!
ゴール手前では、駅へ向かう帰る方に「もうすぐだよ!」と励まされて、ようやくゴールの芦ケ久保小学校に到着。

42.195㌔ 6時間53分20秒

足は限界でした。つらかった。
10㌔以降は結局ずっと歩いたので、体力的にはまだまだいけました。でも足がダメ。このギャップがもどかしい。とにかく足を鍛えないと、今後走れないからなぁ。


芦ケ久保駅には、野生の猿がいましたよ! 30匹くらい! 親猿の背中に乗っている子猿もいました^^
ちょうど池袋行きの電車だったので、池袋〜湘南新宿ラインで帰ってきました。

今は6月3日の夜。
足は、階段を何とか上り下りできるくらいまで回復してきました。
しっかし、いっつもこれじゃあなぁ。どうにかして鍛えなくちゃいけませんね。
[PR]
by letswalk | 2008-06-03 02:55 | running

明日

新緑の奥武蔵 チャレンジラン&ウオークに参加してきます!
天気は運良く晴れ。火曜日からまた雨みたいで、雨の晴れ間にちょうど当たってくれました。
フルマラソンと同じ距離。この距離を移動するのは、以前の鎌倉〜小田原ウオーキング以来、まだ2回目。初心者の私は、どうなることやら。
標高差800㍍! もちろん歩きも織り交ぜながら、取りあえずの目標は完走(完歩)。そしてできれば6時間以内。
頑張ってまいります ♪
[PR]
by letswalk | 2008-05-31 21:18 | running

野毛山公園周回

10㌔走ろうと思って走り出しましたが、足が痛くなりかけ、6㌔で中止。残念。
どうも先々週のトレラン以降、同じ筋肉が痛くなるんですよねぇ。まあ、ストレッチとトレーニングをやるしかない!
5:58 - 5:56 - 5:45 - 5:43 - 5:51 - 4:51
1㌔6分以上かけるようにゆっくり走ろうと思うけれど、どうしてもスピードを上げちゃうんですよねぇ。
[PR]
by letswalk | 2008-05-28 21:13 | running

PARACUP

走ってきましたPARACUP、10㌔、52分52秒。

自分の時計では52分27秒でしたが、スタート時の計測開始場所が違っていたのかな?
一応私の最初の公式記録は、52分52秒ということで。

多摩川の土手、丸子橋の袂からスタートし、二子橋まで5㌔走り、折り返して丸子橋へ戻ってくるほぼ往復のコースです。

スタート直後は、混雑、狭めの道、昨日までの雨によるぬかるみ等で、どうも自分のペースをつかめなかったのですが、1㌔を5分30秒で通過。なかなか思い通りのいいペース。
2㌔は10分50秒。その後も1㌔を5分10〜20秒ペースで刻めて、5㌔は26分30秒。

練習不足の割りにはいいペースで走れていたのですが、やはりまだ今の私には少しペースが早かったようで、ここからピッチを一段上げるには体力不足を感じ、もう2〜3㌔このまま様子を見ようとペースを維持。
このあたりになるとランナーたちは縦に長くばらけ、自分の前後を走っているのは走力が同じくらいの方たち。その中で、体が細く締まり、走り方が美しく、ウエアもいい感じのランナーに狙いを定めて、この人について行こうと頑張ります。

8㌔を過ぎもうすぐ9㌔。もうスパートをかけないとこのままゴールしてしまう!って思いつつも、胸は苦しく足は重く、全然ペースが上がらない。でも引っ張ってもらっているランナーさんには頑張ってついて行ってはいたので、実はペースアップしていたのか、そのランナーさんも苦しかったのか。

最後の最後だけは頑張ってスパートし、バンザイでゴール!
自分の時計では、前半26分30秒、後半26分。とても満足な結果でした ♪


f0156912_13403910.jpg













6㌔付近を走る私(奥)
ペースを上げられないものの、(一応)余裕の顔!?



PARACUPの合い言葉は、「分かち合う感動」「喜ばれる喜び」。
走る、10㌔やハーフを走りきる、そしてそのために努力するということは素晴らしいことですよね。その素晴らしさを自分一人で味わっていないで大勢で共有しようよ、っていう趣旨だと思います。
(さらに、参加費の必要経費以外は世界の子供たちへ贈られる、という喜びもあります)
その共有ということの具体化が、“ゼッケンにニックネーム”と“ハイタッチ”です。

ゼッケンには下3分の1に余白があって、ゼッケンを受け取ると、そこに自分のニックネームを書きます。これで、昨日までの見知らぬ人も、名前を知っているというだけで、友人のような近しさを感じてしまいます。
コースのサイドにはボランティアの方々が立っていて、給水をしてくれたり、“5㌔地点”などと書いたボードを掲げてくれたり、“ここ曲がります”と案内してくれたり、“足下悪いから大回りしてくださーい”と教えたりしてくれますが、そんな仕事の合間に、「○○さん、頑張ってー!」とか「○○、ファイトー!」とか「○○さん、ナイスラン!」とか、名前を呼んで応援してくれるんです。私も10㌔走っている間に、何十回名前を呼んでもらったでしょうか。嬉しくて、励みになって、絶対頑張ってやる!っていう気持ちにしてもらいました。
そうそう、ボランティアの方だけでなく、ランナーにもいらっしゃいました! ハーフを、頭にパンダのかぶり物をして走っていたあなた! あなたは素晴らしい! すれ違うランナー皆に「頑張ってくださ〜い!」と声を掛けてました。記録も大事ですが、こんなランもまたとてもいいものですね!

そして、ハイタッチ。サイドに立つボランティアの方は皆、肩の高さに左の手のひらを掲げてくれています。ランナーも左の手を挙げて、通り過ぎるときにパチリ! 
名前を呼び合い、手も合わせ、参加者全員が一体感を持てるんです。




さて、このPARACUP、私の小学生の娘はボランティアで参加しました。
仕事は二子エリアでの給水で、集合は8時に二子橋のたもと。まず娘と一緒に8時に二子橋に行きました。そこで娘を置き、私はウオーキングで丸子橋へ。
朝6時起きでしたが、出走4時間半前に起きることができて、3.5㌔のウオーキングでウオーミングアップもしたし、寝不足以外はとてもいいスケジュールでした。

第三京浜の新多摩川橋下、往復2回、給水所で働いている娘に手を振りながら走りました(残念ながらハイタッチはできなかった)。
そして10㌔完走したあと、またジョギングで新多摩川橋へと向かいました。このとき、前述のパンダ君の後ろを、彼に感動しながら走ったんです。
給水所では、私も給水のボランティアの方たちに混じって、ランナーに声を掛けたりハイタッチをしたりして楽しんでしまいました。「喜ばれる喜び」とは、まさにこのことです!
ニックネームを書いていないランナーも少しいましたけど、恥ずかしいのかな? 名前呼ばれたら絶対嬉しいですよ。来年は名前書きましょうよ ♪

最終ランナーが通り過ぎた後、給水所の片付けを少し手伝って、また丸子橋へ戻ります。丸子橋のゴール地点で、ボランティアの方たちへの感謝状の贈呈があったんです。
感謝状に加えてフィリピンの子供たちが作ってくれた首飾りをいただきました。完走したランナーもやはりフィリピンの子供たち作の素敵な首飾りをいただいたのですが、ボランティアの皆さんには、さらに凝ったつくりの素晴らしいものが渡されました!

f0156912_1354299.jpg













給水所で、アミノバリューを紙コップに注ぐ娘




こんな素晴らしい大会でしたので、参加した方々がご自分のブログに色々書いていらっしゃいます。併せて読まれたらPARACUPの素晴らしさがもっと伝わるかな、って思いました。

取りあえず見つけた、PARACUPに参加した方々のブログ
前田さん
papepipapoさん
秋田さん
こじょうまさん
プリン隊長さん
speedlinkさん
増永さん

来年も参加したいですネ ♪
[PR]
by letswalk | 2008-04-20 19:47 | running

野毛山公園周回

午後から気持ちよく晴れましたね。
夕方に、野毛山公園を6周(6㌔)。
1㌔5分20秒から入って、徐々にピッチを上げて、5㌔26分10秒。
もう一周と思い、6㌔を31分10秒。
まだ私には、このペースでこの距離が限界です。このペースで10㌔はきっと無理です。
時間があればLSDも、と思うのですが、ランニング雑誌の一週間スケジュールのようなことをこなすのは、なかなか暇が無くて難しいですね。
[PR]
by letswalk | 2008-04-11 22:54 | running