高尾山さわやか森林マラソン

日曜日は、高尾山さわやか森林マラソンに参加してきました。
距離は15㌔。最近あまり走っていないので、走りきれるかどうか、ちょっと不安な距離でしたが、申し込んでしまったものは仕方がない^^; 頑張って走りましょう!

家を9時頃に出て、横浜線で片倉へ。京王片倉から高尾山口へ。高尾山口駅裏からスタート地点の日影沢キャンプ場近くまで、無料搬送バスが出ています。
日影沢キャンプ場に着いたのは11時半過ぎ。12時スタート予定ですからけっこうぎりぎり(搬送バスで大勢一緒に到着しているので、焦りは無いのですが)。既にとても大勢の方が集まっていて、着替えたり、トイレに並んだり、ウオーミングアップしたり、スタートゲートの下に並んだり、キャンプ場の狭い広場は人でごったがえしています。
最近のトレラン人気で、この大会も昨年に比べて参加者がとても増えたそうで、今回15㌔には約1,000人の方が参加です。

10分遅れで、12時10分スタート!
f0156912_18112298.jpg










3.5㌔の小仏城山までは、ひたすら林道の登り。急な登りはなかなか走れませんね。緩い登りは走り、急坂は歩き、を繰り返し、標高差約500㍍を登っていきます。
と、突然視界が開けます。谷側の杉が大きく伐採されていて、都心方面が眺望できる道が続きます。どこまで見えているんだろう。ちょっとガスっていてはっきりと分かりませんが、空気がキレイなら新宿などもきっと見えるのでしょうね。
左側の景色を眺め、写真を撮ったりしながら走っていたら、おお!前から折り返したトップランナーが来るではないですか! 私がまだ3㌔しか走っていないのに、もう5㌔過ぎていることになります。やはり速い人には全然かなわないなぁ。

ネイサンのボトルを腰につけて走っていたので、小仏城山山頂の給水所はスルーして、何人か抜かします。
ここから一丁平の折り返し往復が、コース唯一のトレイルです。往復1.5㌔くらい。
ハイカーの方もけっこういらっしゃるので、“なんだなんだ、この人たちは! 迷惑だなぁ”くらいに思われたかもしれません。どうもすみませんm(__)m

折り返して小仏城山に戻り、今度は登ってきた林道をひたすら下ります。
勝手な感覚では、下り始める前、城山山頂では300位くらいかと思いました。
しかし下りは苦手です。足が痛くなる不安がどうしてもあるので、なかなかスピードを出せません。どんどん抜かされます。
違う走り方をちょっと試してみます。歩幅を意識して狭くし、その分足の回転を速める、つまりピッチ走法です。この方が足への負担が少なそう。ピッチ走法に変えてから、抜かされる人数が少なくなったような気がしました。

スタートした日影沢キャンプ場のすぐ手前で、右折して林道を往復する約6㌔のコースに入ります。
入ります、と思ったら、抜かして行くとても速い人が。なんでこんなに速い人がこんな順位なの? そしたら右折せずにまっすぐゴールへ向かって行きます。7㌔のトップランナーだったのですね。いやぁ、速い速い!

林道はだいたい平坦です。これが辛い。休めないから。ロードレースと同じです。「歩いたら負け」っていう感覚ですね。苦しいですが、周りにも歩いている人は全くいないので頑張ります。
そしてゴール!
f0156912_18153913.jpg













林道も走り通しましたよ。偉い自分!^^;
タイムはちょうど1時間30分。小仏城山からは結局抜かされ通しで、これも勝手な感覚で300人に抜かされました。順位は、後日記録賞が郵送されてくるまで分からないですが、予想は600位くらいかな。2時間掛かるかとも思っていたので、自分としてはなかなかのタイムです。
何より楽しめました! やはり山を走るのは気持ちがいいですね! 欲を言えば、もう少しトレイルが多いと良かった。でもまた来年も参加したいなぁ。

帰りも高尾山口駅まで搬送バスを出してくれていたので、それに乗って駅へ行き、参加賞のTシャツをいただいて、駅の近くで酒まんじゅうとお蕎麦を食べて、帰りました。
[PR]
by letswalk | 2008-09-30 18:11 | trail running


<< 明日、八ヶ岳 秋晴れ? >>