津久井浜〜城ヶ島(三浦半島城ヶ島ウオーキング、その2)

7ヶ月前の企画を、やっと実行です。
今年の2月に前半を歩いた、鎌倉から城ヶ島へのウオーキング、やっと後半を歩きました!

前回は、京急の津久井浜駅で終了だったので、今回そこから出発。
駅から東へ向かえば、すぐに海。海沿いの国道134号線を南下します。
f0156912_12524899.jpg最初はずっと砂浜沿い。海水浴をしている人はさすがにもういませんでしたが、ウインドサーフィンの人がかなりたくさんいました。天気は快晴、波もほとんど立っていなくて、風などあるのかなぁと思える陽気でしたが、みなさんうまく風をつかまえて、すいすいとすべっていました。
そして、←馬もいました。近くに乗馬クラブでもあるのでしょうか。波打ち際を馬に乗って歩くのは気持ち良さそうですね!


京急に沿って内陸に入る134号線とはすぐに別れて、f0156912_1253195.jpg
海沿いの県道をさらに南下。
この県道も、剱崎の方へ大きく突き出す半島部分は
ショートカットするように、内陸に入ります。
一面の畑、そしてその向こうに海→
とてもよい景色です!

ちょっと興味深いお店を発見!
畑の中に、登山道を示すような小さな看板が目に入りました。シュンドリーというインド料理屋(カレー屋?)さんなのですが、この畑の中を行く、ちょっと寂しい(失礼!)県道からもさらに小道を入ってさらにしばらく行ったところにあります。
残念ながら、木金土のみの営業ということでお休みでした。「旬採り」のことかな、とも思いましたが、インドに実際にある地名なのかも。

f0156912_125311100.jpg江奈湾の辺りでまた海沿いに出ます。
その先、道路から外れて「毘沙門ハイキングコース」とある、海岸沿いの岩場の道を行きました。
←こんな風景です。
向こうの方に小さく平たく見えているのが、城ヶ島。
フナムシがうじゃうじゃいて、足を踏み出す度にさーっと散るように逃げて行く、それを別にすれば、気持ちのいい道でした^^;



また道路に戻り、毘沙門漁港を過ぎれば、もう一息で城ヶ島。
城ヶ島へ渡る城ヶ島大橋は、車両は有料(普通車100円)でしたが、人は無料。
料金所のおじさんと目が合うと、“通っていいんだよ”という意味でしょう、一つうなづいてくれました。

時刻もお昼をだいぶん過ぎ、お腹も空いていたので、f0156912_12532410.jpg
まずは食事。
小浜屋というお店で、まぐろ丼をいただきました。
写真を撮る前に、まぐろ一切れとキュウリ一つ食べてしまったので、ちょっと大葉で隠したりして写しました^^;
ご飯は酢飯、まぐろは漬け、小鉢はまぐろの佃煮みたいなの。おいしくてご飯をおかわりして1,300円でした。

満腹で、城ヶ島内を散策。
太平洋に面した、南側の海岸沿いを歩きました。

 ↓ 馬の背洞門から西の方を望む。      ↓ 逆に西から馬ノ背洞門を見る。
f0156912_12533774.jpgf0156912_12535551.jpg










あまり見ないタイプの海岸線です。もう少し荒々しくしたら、アイルランドの景色のようだなぁと思いました。
右の写真の、突き出た岩に穴が空いているのが見えますでしょうか、それが馬の背洞門です。一応、城ヶ島の名所の一つ。

干物と海苔をお土産に買って、バスで京急・三崎口駅へ。
島内はすいていたけれど、三崎港のあたりをぐるぐる回ってお客さんをどんどん拾い、あっという間にバスは満員になりました。平日でもけっこう観光客がいます(私もその一人ですが)。
京急で帰りました。今日は16㌔くらい。散歩程度のゆるさのウオーキングでした。


さて、これで、鎌倉〜小田原、鎌倉〜津久井浜、津久井浜〜城ヶ島と歩いたので、
あと小田原〜真鶴を歩けば、相模湾一周(半周が正しいかな?)です ♪
そのうちに行ってきます!
[PR]
by letswalk | 2008-09-11 21:03 | おでかけwalking


<< 横浜、大崎〜恵比寿 いい天気でした! >>