「シェルパ斉藤の

ニッポンの山をバックパッキング」を読み(眺め)ました。
バックパック背負って、山道をいく。いいですねぇ! 行きたいですねぇ!
仕事上、最近は泊まりで出かけることがほとんど無いので、テントや山小屋に泊まるって、余計に憧れます。
出版元の枻(エイ)出版社は、書店で“お、この本いいな”と思って見ると枻出版社であることが最近けっこう多い、そんな印象のところです。初心者向けのランニング雑誌「ランニング・スタイル」も、この数号買ってます。
「枻出版社」って不思議な名前だなと思っていたのですが、ロゴマークから類推するに、木ヘンに世界(地球)、そんな漢字のつくりから付けた名前なのでしょうかね。

読む(眺める)と山に行きたくなる、そんな一冊です。
[PR]
by letswalk | 2008-08-06 02:26 |


<< 源次郎沢 桜木町〜横浜 >>