春岳沢へ沢登り

沢登りに魅せられて、今日は一人で丹沢の沢に行ってきました。
丹沢の沢で初心者が一人で行けるところは…と探すと、超初心者向けでしかもバス停からも近い、理想的なところがあったのでした。それが、今日行ってきた春岳沢(はるだけさわ)です。

8時に出発しようと一応計画していたのに、起きたら10時! 急いで準備をして出かけました。
横浜から相鉄線で海老名、小田急線で秦野、バスに乗って蓑毛へ。バスの接続も良く、12時20分には蓑毛に着けました。
安く行けるのもいいですよね。横浜から蓑毛まで、300円+270円+260円=830円です!

蓑毛のバス停のすぐ横には、もう春岳沢が流れています。
ただ蓑毛からしばらくは堰堤がいくつも続き、とても沢を遡行することはできなくて、沢沿いの道を行きます。
コンクリートの舗装路が終わり、丸太橋を渡って、さらにトレイルをしばらく行くと、髭僧(ひげそう)の滝という、10㍍以上ある春岳沢最大の滝に出ます。
この滝は、初心者が、しかもロープ無しで登ることは不可能なので、とりあえず下から眺めた後、巻き道で登ります。
髭僧の滝のすぐ上の堰堤を横から登って越えると、ちょっと広い場所に出ますので、ここで沢登りの準備です。蓑毛からは、ゆっくり歩いて30分くらい。

靴は、カモシカの渓流タビを買いました! ネオプレーンという素材で、水の中でも冷たさをあまり感じません。ソールはフェルトで、濡れた岩でも滑りにくいのだと思います。たぶん。
そして沢登りの必需品、スネ当て。これもネオプレーン製です。足の保温はバッチリ。
膝上までのスパッツに、上は半袖ランシャツ1枚。一人で動き続けるし、短時間なのでとりあえず薄着で。
手袋は先日と同じゴムコーティングの軍手をしました。やはり、何でも躊躇無く触ったり掴んだりできるので、手袋はあった方がいいと思いました。
ヘルメットは工事用の安物です。カモシカなどでヘルメットを見ると、7千円から物によっては2万円もします。その出費はちょっと痛いので、ホームセンターで1,380円の物を買って代用です。見た目は別にして、機能的にはそう変わらないですから。

そしていざ出発。
髭僧の滝より上の春岳沢は、数十㌢から2〜3㍍の小さな滝が連続する、楽しい沢です。
時折立ち止まって上の方を眺めると、くねくねと曲がりくねった先が、木々の間に消えていくのが見えます。
いくつかあった3㍍くらいの滝は、落ちたりしないようにと、まず目測し、慎重に登っていきます。
ネオプレーンの威力で、足は全く冷たくありませんが、滝登りの時などに手をついたり頭から水をかぶったりすると、水はとても冷たいです。
倒木が多かったですね。流れの中や、とおせんぼをするように倒れていると、乗り越えるのに苦労するところもありました。下を見て歩いていたら、木に頭をぶつけ、“お、ヘルメットはこういう時も役に立つね”と思ったり。

短い沢だと本で読んでいたので、ゆっくり登っていたのですが、45分くらいで二股になっている遡行終了点に到着。短かったですが、楽しかった!

おにぎり食べて、靴を渓流タビから、モントレイルのトレランシューズに履き替えます。
気が付くと、足に一匹のヤマビルが! クソっ! ヤマビルめ! あれはどういう生き物なんでしょうね。伸びたり縮んだり、つぶそうとしてもつぶれないし。嫌ですよね。

ここからは等高線に沿ったトレイルを東へ向かうと、10分くらいで大山に登る登山道に出られます。
計画では大山にも登るはずでしたが、寝坊で遅くなっていたので、ここから下社へ降り、伊勢原へ出て帰りました。

天候は、沢を登っている間に、どんどんガスってきてました。最初は、眼鏡が濡れて曇っているのかな?って思ったんですが、違いました^^;
大山は別名「雨降山」とも言われ、山頂の社は「阿夫利(雨降り)神社」の名前が付いているように、このあたりはいつも雨がちみたいですね。
伊勢原の町に下りると晴れていましたが、大山を振り返ると山頂は霧の中。面白いですね。

来週はSHのツアーで、丹沢で最も美しい沢と言われているらしい、小川谷廊下に行ってきます!
[PR]
by letswalk | 2008-07-23 21:26 | 沢登り


<< 恵比寿〜大崎 東京マラソンが >>