野球観戦

昨日は、横浜スタジアムへ阪神戦を観戦に行ってきました(一応、横浜ファン)。
結果は7−8で負け。
阪神は50勝一番乗り。逆に横浜は50敗。勢いの差が如実に出た試合でした。

一度リードされたものの、6回終わって4−4の同点。
前々日・前日と、ひどい負け方をしていた2試合に比べれば、もしかして勝てるかも、と期待をいだく展開。
そして8回裏、3点を取って勝ち越します。
しかし、3点を取って安心した雰囲気が流れたように思いました。
「3点あれば寺原が抑えて勝てるよ。3点で充分だよ。早く寺原に抑えてもらって、勝利を味わいたいよ。」 そんな雰囲気がスタンドに漂った気がしました。(もっと点を入れたら寺原にセーブがつかない、なんていう考えも多くの人の頭の中にあったかも)
選手にもそれが伝染したのかもしれません。
結局8回裏に3点止まりだった故に、9回表に4点入れられて負けました。

“きちんと勝つ”ということを、横浜は忘れてしまっているような、そんな試合でした。
勝利を欲するがあまり、勝利が見えた瞬間に気が抜けてしまったような。
甘い球が来て、これはいただきとバットを大振りして、ボールから目が離れてしまったような。

そして、横浜のホームゲームとは思えない阪神の応援の多さ(横浜の応援の少なさ)!
スタジアムの3分の2は、阪神ファンで埋まっていたような印象でした。
今期は我慢の年なのでしょうか。
[PR]
by letswalk | 2008-07-07 20:55 |


<< 曇りです 桜木町〜新杉田 >>