リタイア寸前

今日(月曜)も雨ですねぇ。しかも梅雨入り。
雨の間のたった一日の晴れに当たったとは、運がいい!
昨日は、新緑の奥武蔵、チャレンジラン&ウオークに参加してきました。
結果は、6時間53分20秒。足が痛くなって、リタイア寸前でした。

先日のトレラン以降、少し長い距離を走ると必ず足の同じところが痛くなります。
しかも半端な痛さじゃない。今朝は痛みに耐えかねて、吐き気まで催してしまった。情けない。
とにかく、トレーニングしなくちゃ。
10日には、またトレランツアーに行くので、迷惑掛けないようにしないといけないし。



さて、当日は朝からいいお天気。よく晴れました。
4時半に家を出て、東神奈川、八王子と電車を乗り継いで、7時前には高麗川に到着。
同じ電車で高麗川に着いた参加者の方も大勢いて、皆がぞろぞろと行くのについていって、スタート地点の高麗神社へ。
スタートはウエーブスタートといって、皆で一斉にスタートするのでなく、15秒毎に2〜3人ずつスタートしていきます。コースは普通に人や車や自転車が通る道で行なわれるので、大勢が固まって走ることが無いように、という意図だと思います。
7時30分に最初のランナーさんたちがスタートし、続いて次々と出発していきます。
山道コースなので、最初から飛ばす人はほとんどいなくて、皆さんジョグ程度の速さ。
私は、もしもに備えて遅めの時間帯のスタートを申し込んでおきましたが、7時45分以降は「準備のできた方はどうぞ」ということで、8時12分にスタートできました。

ウオーミングアップはしましたが、最初はウオーキングで入ろうと決めていて、周りの皆さんが走る中、抜かされながらウオーキング。
1㌔ちょっと県道を行ったあとは、山道に入ります。
上りと下りを繰り返しながら、35㌔地点の最高地点まで、約800㍍を上っていきます。上り坂はかなりの急坂も多く、歩く方が逆に速いくらいで、追い抜いた人に「なんで歩く方が速いの!?」って言われちゃいました。
“新緑の”というだけあって、ほんとに道の両側は緑一色。空も青一色。「気持ちいい〜!」って叫びたくなるくらいの環境です。そんな中をウオーキング&たまにジョギングで、5㌔地点通過。

5㌔ 37分14秒

5㌔を過ぎてからだったでしょうか、上りが一旦終わり、長い下りに入りました。
ここで飛ばし過ぎたのかな? 足が痛くなるのが、上りのせいなのか、下りに因るのか、単に距離のためなのか、理由ははっきりとは分からないのですが、この下りで時間を稼ごうと頑張ったのがいけなかったか。ピッチは意識的に小さくしましたが、着地の衝撃を和らげようとは特にしなかったのがいけなかったかも。

7.5㌔のエイドでは、痛みはあまりまだ感じていなかったのですが、予防に電解質を摂ろうと、スポーツドリンクを2杯いただきました。
7.5㌔エイドを過ぎるとすぐに物見山までの、往復トレイルに入ります。コース中、唯一舗装されていない、物見山山頂折り返し約2㌔の道です。折り返しなので、たくさんのランナーさんたちとすれ違えたのが楽しかった!
往復トレイルが終わると、すぐに10㌔地点。

10㌔ 1時間13分00秒 (5〜10㌔ 35分46秒)

12.5㌔のエイドではバナナをいただき、クリームパンもここでいただいたんだっかな? クリームパン美味しかった! 1ヶ分、パクパクっと食べちゃいました。
10㌔過ぎ、エイドを過ぎた辺りから、何となく足に違和感を感じるようになったんですよね。
「おいおい、まだ10㌔ちょっとじゃないか。まだ30㌔あるんだよ!」と自分に言ってはみたものの、痛みは増すばかり。ストレッチするように歩いていれば治ってくるかと期待しましたがダメ。そのことに意識を取られ、15㌔の標識を見落としてしまいました。
走っている、いや歩いている間、頭に浮かぶのは“痛い”ってことと、“○○㌔まであとどれくらい?”“次のエイドまではリタイアせずに頑張るぞ!”ってそれだけでした。
18㌔のエイドではバナナをいただきました。

20㌔ 2時間26分43秒 (10〜20㌔ 1時間13分43秒)

時間だけ見れば、20㌔までは快調。5時間半くらいでゴールできるペースでした。
でもこの時点で、足はもうかなり痛かったのです。上りはまだいい。下りの着地時の足への衝撃の大きさに、痛くしてあらためて気付かされます。
20㌔までは上りが多かったのが、この辺りから下りが適度に混ざるようになってきて、足への負担が更に大きくなってきました。
23.5㌔のエイドではサンドイッチをいただきながら、少し休んで回復させようと、11分間休憩&ストレッチ。
回復したかに思えても、歩き出せばまたすぐに足痛。
これはもうゴールするまで痛みは続くか。とにかく一歩一歩前に進むしかない。
景色は素晴らしいのに、それを楽しむ余裕が少なくて、それも残念。

25㌔ 3時間36分41秒 (20〜25㌔ 1時間9分58秒、11分の休憩含む)

20㌔を過ぎてから、明らかにペースが落ちました。
とにかく前へ。一歩進めば、ゴールが数十㌢近くなる。そんな思いで歩きます。

エイドとエイドの間は、何となく同行する方がいたりするものです。そのエイドまで一緒に走ってきた方も、エイドで休む時間が皆さん違うので、出発もまた違う方たちと一緒ということになります。
特に話しをすることも(私は)無く、前の方を走る(歩く)方に追いつきたい、って思ったり、抜きつ抜かれつする方がいらしたり、っていうだけではありますが。

30㌔地点には、エイドがあります。
30㌔ 4時間31分24秒 (25〜30㌔ 54分43秒)
6分25秒休憩

ここのエイドでは、炊き込みご飯、お味噌汁、そしておしるこまでありました。
おしるこをいただかないまま出発してしまい、歩き始めてから後悔--; 仕方なし。

この5㌔はあまり上り下り(特に下り)が無かったので、それほど痛みを気にせず歩けました。30㌔の手前で、足を引きずって歩いていた私をみて、塗り薬を恵んでくださった親切な方にも助けられました!

35㌔ 5時間28分44秒 (30〜35㌔ 50分55秒)

35.4㌔のエイドでは、素麺とおにぎりをいただき、最後の下りにかかります。ここまで35㌔かけて上ってきた標高を、7㌔で下っていく急坂の連続。絶対に足に激痛が来ると分かっていつつも、ここまで来てリタイアは嫌ですから行きます!
景色の良さをなんとか堪能し、沢を水が流れる音に少し癒され、時折すれ違う自転車で上って来る人に心の中で声援を送り、時々抜かされるランナーさんたちの走りを羨ましく思い、民家が現れてくるともうすぐだと励まされ、西武線の電車の音が聞こえてくるといよいよゴールも近いと喜び、なんとかかんとか下っていきます。

40㌔ 6時間28分36秒 (35〜40㌔ 59分52秒)

ここからの2㌔が長かった!
ゴール手前では、駅へ向かう帰る方に「もうすぐだよ!」と励まされて、ようやくゴールの芦ケ久保小学校に到着。

42.195㌔ 6時間53分20秒

足は限界でした。つらかった。
10㌔以降は結局ずっと歩いたので、体力的にはまだまだいけました。でも足がダメ。このギャップがもどかしい。とにかく足を鍛えないと、今後走れないからなぁ。


芦ケ久保駅には、野生の猿がいましたよ! 30匹くらい! 親猿の背中に乗っている子猿もいました^^
ちょうど池袋行きの電車だったので、池袋〜湘南新宿ラインで帰ってきました。

今は6月3日の夜。
足は、階段を何とか上り下りできるくらいまで回復してきました。
しっかし、いっつもこれじゃあなぁ。どうにかして鍛えなくちゃいけませんね。
[PR]
by letswalk | 2008-06-03 02:55 | running


<< 少し回復、大崎〜恵比寿 明日 >>