箱根ハイキング

箱根の湯坂路へ、ハイキングに行ってきました。

朝まで雨っぽかったですが、午後からは晴れるという予報に期待して出掛けました。
横浜9時過ぎに出発、小田原から箱根登山鉄道で小涌谷へ。11時半頃着。
登山鉄道はかなり古い型の車両で、ガタガタ登って行くのがとても良かったですね ♪

f0156912_7294034.jpg













小涌谷駅の箱根登山電車


まずは、千筋の滝へ。
もっと山の中かと勝手に想像していましたが、小涌谷駅から意外と近かった。そして意外と小さかった。千はないよ。百くらいが控えめでいいかも。
先日の大山の滝はほとんど枯れていましたが、今日は雨の後だったためもあってか水量はけっこう豊富。滝壺の池もきれいで、夏の暑い日にはとっても気持ちの良さそうな場所です。

千筋の滝から登山道に入り、かなりの勾配をせっせと登り、終わりかけのソメイヨシノから時折降ってくる花吹雪の中を歩いたりして、30分程で浅間山(せんげんやま)へ。
ガスが濃くて、景色は駒ヶ岳が見える程度で残念でしたが、山頂広場でおにぎりの昼食。

湯本へと下る湯坂路は、まず広くなだらかな尾根道から始まります。
雨のぬかるみで歩きにくい箇所も少しありましたが、快適に下っていきます。
楓の木が多く、緑の葉がわんさと繁っていましたが、緑の楓って不思議な感じがしました。楓=紅葉=赤の勝手なイメージだからなんですが、赤になる前の葉は当然緑ですよね!

途中、トレランぽい2人連れとすれ違いましたが、ちょっと疲れている様子。他にも、白人のおじいさんも、だいぶん疲れて登って来ました。この2組から想像すれば良かったのですが、快適尾根下りの後は、厳しい石畳下りが待っていました。

湯坂山を過ぎてからは、道が石畳になります。歩きにくいのは、雨の後だけなのかな? 乾いていれば滑る方の問題は無いのかもしれませんが、とにかく滑る。何度も滑って転びそうになりました。そして、ごろごろしている。ホントに歩きにくい!
湯坂城趾の石垣を敷いたと何かで読んだと思いますが、わざわざ敷く意味があったのでしょうか? 土砂の流出防止とか?
そんな石畳の道が、結局登山道の終わり、国道1号に出るところまで延々続き、今日は最後これで疲れました。
少なくとも滑ることに関しては、晴れが2〜3日続いた後でないとこの道はおすすめできませんね。

国道1号に出たところは、もう湯本駅のすぐ近く。15時頃着。
おみやげ買って、ビールとおつまみも買って、帰りの電車で飲みながら帰ってまいりました。
[PR]
by letswalk | 2008-04-27 19:59 | おでかけwalking


<< 暇無し みなとみらいなど >>