箱根トレラン、道了尊〜明神ケ岳〜湯本

水曜日は、箱根にトレランに行ってきました。
箱根外輪山の東側の麓、曹洞宗最乗寺道了尊から、標高1,169㍍の明神ケ岳に登り、尾根を明星ケ岳〜塔ノ峰と伝い、湯本駅に下りるコースを行きました。
外輪山の外側、相模湾・相模台地・丹沢を眺め、内側の駒ヶ岳や大湧谷を堪能、御殿場の向こうに富士山も眺めることができ、北条早雲にでもなった気分の箱根行きでした。(ちょっと大げさか^^;)

f0156912_17485687.jpg横浜を6時に出発。
早起き、ちょっと頑張った!
小田原で大雄山線に乗り換え。





f0156912_1749744.jpg20分ほどで、終点の大雄山に到着。
大雄山線は、朝夕は通勤電車になるんですね。富士フィルムに出勤する人たちなどで、けっこう混んでいました。





f0156912_17491666.jpgバスに乗り換えて、最乗寺(道了尊)へと向かいます。
バスの車内でゲートルを付けたりしていたら、あっという間に終点に着いてしまいました。





f0156912_17492641.jpgバスを降り、参道を上って最乗寺へ。

境内などを少し散策。参道から境内に、大杉がまさに林立。樹齢500年を越える杉が2万本以上だそうで、圧巻。

登山口には大きな赤い下駄があります。
ここから出発、807。







f0156912_17494348.jpg途中、見晴小屋を843に過ぎ、水場の神明水がある、開けた尾根に出ます。
相模台地の向こうに相模湾が広がります。江ノ島も見えます。三浦半島も。房総半島も見える気がします♪

神明水は枯れていた!
当てにしないでちゃんと水をたくさん持って来ておいて良かった!



f0156912_17495329.jpg神明水を858に過ぎ、少し尾根を登ると、きっと昔はスキー場だった、なだらかな傾斜地から、今度は丹沢の山々がきれいに見えました。

もうすぐ明神ヶ岳。山頂直下の急斜面は、山腹を巻くように左へ折れ、右へ右へとカーブしながら、少しずつ標高を上げていきますが、937に明星ヶ岳への三叉路を過ぎると、最後の急登。
霜柱が溶けてぐちょぐちょになっている斜面は、滑って滑って登りにくい(TT)

f0156912_17501934.jpgそれを頑張って登ると、まず箱根の内側・駒ヶ岳方面の景色がぱぁーっと開けます!









f0156912_1750105.jpgさらに最後、山頂へ辿り着くと、富士山が迎えてくれます^^/
明神ヶ岳943到着。

あいにく、富士山方面は一番雲が厚く、なかなか全貌を見せてくれません。パンやおやつを食べながら、山頂にいること40分。見え隠れする富士山を、何とか満足するだけ眺め、カメラにも収め、後ろ髪を引かれながらも1023出発します。


f0156912_17503173.jpgf0156912_17504116.jpg













明神ヶ岳から明星ヶ岳を経て湯本へと下るトレイルは、↑ こんな感じの走りやす〜い道が続きます!
途中、明星ヶ岳の手前、宮城野へ降りる道は、大文字焼きの「大」の字の右端を通る、とのことなので、ちょこっと寄り道して降りてみました。確かに眺めの良いスポットでしたが、自分が大の字の右端にいるのかどうかは、全然分かりませんでした^^;

明星ヶ岳山頂はなだらかで、表示も見落としそうに奥まっていました。1122通過。
林道歩きを経由して、塔ノ峰1212。
時期には紫陽花が美しいらしい阿弥陀寺を通って、箱根湯本駅に1250到着。

天候に恵まれ、風もほとんど無く寒さもほとんど感じず、景色が良く、トレイルも快適な、すごく楽しい今年の初山でした^^/
[PR]
by letswalk | 2009-01-10 18:34 | trail running


<< 言葉遣いのこと 恵比寿〜品川 >>